インプラントの症例

歯周病、その他歯の治療も対応いたします。

インプラント症例 (33歳 男性)

インプラント症例 (33歳 男性)

他院で抜歯を勧められるも、1年間抜歯を拒否されている状態で当院へ来院されました。
カウンセリングで左下第2大臼歯と顎の骨が限局的に歯周病でほとんど溶けているため保存不可能と判断。
止むを得ず抜歯。

その際、①ブリッジ(他歯を削合)、②入れ歯、③インプラント、の3つの治療について詳しく説明を行い、最終的に1本だけインプラントを入れることを選択されました。
治療にあたっては、下歯槽管に近いため、CTにて慎重に画像を検討した上で埋入ポジションを決め、適切な処置を行いました。
今は快適で、大変満足されています。

インプラント症例 (62歳 女性)

インプラント症例 (62歳 女性)

左下の第一、第二大臼歯欠損しており、リンガルバーを使った大き目の部分入れ歯が入っていました。 患者様は常に、左で食べることが難しく、右でばかり噛んでいたとのこと。 インプラントを入れ、ジルコニアにて治療し、患者様はブリッジのわずらわしさから解放され、大変満足されております。

インプラント症例 (39歳 女性)

インプラント症例 (39歳 女性)

下顎両側第二小臼歯が先天性欠如。
他院にてブリッジを勧められましたが、天然歯を削られることに抵抗があり、当院へ来院されました。
両側に単独でインプラントをして、ジルコニアにて治療完了。歯が美しく揃い大変喜ばれました。

インプラント症例 (53歳 女性)

インプラント症例 (53歳 女性)

両側第一大臼歯欠損。他院にてブリッジ治療しておりましたが、右のブリッジに違和感を覚えたため、当院へ来院。
両側に単独でインプラントをして、ジルコニアにて治療完了。
インプラントにして、丈夫な歯で噛めるようになり、大変喜ばれております。

インプラント症例 (48歳 女性)

インプラント症例 (48歳 女性)

右下第一小臼歯がほぼ半壊。また、不良補綴物装着のため噛み合わせがうまく出来ていませんでした。
右下第一小臼歯にインプラントを入れ、噛み合わせをしっかり整えたうえ、ジルコニアにて治療。
心理的にも大変満足されておりました。
また、美しい歯が揃い、それを保ちたいとの気持ちから、ブラッシング回数も意識的に増えるようになりました。

インプラント症例 (46歳 男性)

インプラント症例 (46歳 男性)

大手建設会社の部長。上顎の両サイド側切歯が欠損のため、狭小なブリッジが入っていました。
両側インプラントを同時に手術。手術時間は25分。
スプリットキャストによって、歯槽骨を拡大。治療後、側切歯の両側歯槽骨は広がって、骨にボリュームができました。
丈夫な歯が入り、心理的にも大変満足されています。
また、下顎に関しては、一部矯正治療を並行して実施いたしました。

矯正治療について
当院は矯正治療のスペシャリストによる矯正治療が可能です。

インプラント症例 (58歳 女性)

インプラント症例 (58歳 女性)

右上の一番目の歯の歯茎が腫れて来院。
レントゲン確認すると、歯牙が破折して歯槽骨が崩壊し、膿んでしまっていることがわかったため、抜歯。
抜歯の後、即時にインプラントを入れる抜歯即時埋入を実施。
不良補綴物からジルコニアに変更したことで、美しく丈夫で綺麗な歯になり、患者様は大変満足しています。

抜歯即時埋入の利点
歯槽骨の吸収を極力抑えることができるため、歯槽骨のボリュームが維持できます。

インプラント症例 (57歳 男性)

インプラント症例 (57歳 男性)

右の下が痛くなって来院。
左が欠損しているため、右ばかりで噛んでいて、右の歯が相当弱っていました。
顎の骨の神経の状態などの理由から、抜歯即時埋入を実施。その際、第一、第二大臼歯のインプラントも2本同時に手術。間をおいて(二週間ほど)、逆サイドの左側も実施。
入れ歯をすることなく、両方で噛めるため、患者様は非常に満足されています。

インプラント症例 (57歳 男性)

インプラント症例 (00歳 男性)

左下の第1、第2小臼歯の被せ物が食事中にとれたことによる来院。
口腔内を検査した上で、欠損している部分にインプラントを入れることに。
その際、歯の状態、歯茎の状態、将来のことも考え、白い歯(セラミッククラウンやエンプレス)にすることも決断決断されました。
「1つの歯も失うことなく、しっかり噛めるため、非常に食事が楽しい(食べる喜びを感じている)」と患者様は大変満足されています。

インプラント症例 (62歳 男性)

インプラント症例 (62歳 男性)

右上の第1大臼歯が破折してして来院。
その際、第2小臼歯、第2大臼歯が欠損していることもわかる。
歯牙破折にともなう疼痛のため抜歯をする必要性があると診断。
患者様は思いきってインプラント治療をすることを決断され、同時に審美的、歯の継続的な維持と保持のため、ジルコニア(白い歯)を選択。 今は「硬いものを噛む怖さもまったくなく、非常に満足されている」との声をいただいています。

インプラント症例 (75歳 女性)

インプラント症例 (75歳 女性)

インプラント症例 (73歳 女性)

インプラント症例 (73歳 女性)

お問合せはこちら~あなたのお悩み、お聞かせ下さい。~

動画でわかるインプラント
よくある質問
患者様の声
やまぐち歯科
zimmer
このページのトップへ
江坂、吹田でのインプラントはお任せ下さい。